映画のウェブログ 「け」

23歳無職、自称映画ライター。本当に無職。

ネット=都会? 女性に限らず機会均等! 『シュガー・ラッシュ:オンライン』は全員の背中を押してくれた。

www.youtube.com

 

男の子のプリキュアが誕生したことが大きく話題になりました。

 

エンタメは社会を映す鏡。性別は当人のパーソナリティを制限したりキャリアの選択肢を阻むものではない、というような新たな価値観はエンターテイメントにも色濃く反映され続けてきています。3年前の『マッド・マックス Fury Road』(2015)、翌年には『ドリーム』(2016)が。昨年なら『ワンダーウーマン』(2017)、そして今年なら『オーシャンズ8』とかですかね。どれも媚態なく女性の活躍を描いた作品ですね。(配給・宣伝はややアファーマティブな姿勢ではあるものの)

 

 

www.youtube.com


こうした流れ自体、海外の実写映画・ドラマにおいては今やとりわけ珍しいものではないですよね。その一方で日本国内の2Dアニメーションは一歩後れをとってきていました。そんな日本のシーンに一石を投じることになるであろう作品の公開が控えています。12月21日(金)に封切りされる『シュガー・ラッシュ:オンライン』(原題:Ralph Breaks the Internet )。現代のエンターテイメントにおけるジェンダーを議論するうえで、きっと大きな存在感を放ち語り継がれるべき作品でしょう。

 

シュガー・ラッシュ:オンライン』は……

  • インターネットを通して
  • 地方格差を解消し
  • 女性の機会不平等を正し
  • のみならず全ての人間に可能性を与える

 

そんな映画でした。今日はこの結論に向かって書いていきたいと思います。

 

え?なに?
プリキュアもう「古い」んですか?!
インターネットは忙しいね。

 

最近の国内の話題に触れ直すなら、順天堂大学からローラ・青山の話にまで貫通する記事だと信じています。

 

 

  • 1.これは明らかにヴァネロペの物語
    • ■ディズニージャパン、頼むよホントに
  • 2. 「ディズニープリンセス」の逞しさが何よりものメッセージ
  • 3. インターネットで選択肢が広がった
    • ■ヴァネロペは「戻らない」
  • 4. 地方格差の解消:照らすのは女性だけでなく
    • ■デメリットも? 相対的なら優劣は付く!
  • 5. さて、日本はどう?
    • ■いまの日本ってどう?
  • 6. とにかく

 

続きを読む

実写ドラマ『聖☆おにいさん』:松山ケンイチがエロ過ぎる!!けしからん!!という感想

松山ケンイチがエロ過ぎる!!いいの?いいの?これ本当に。地上波テレビじゃないにしてもさ、コードとかないわけ?

これはもう『聖☆おにいさん』なんてもんじゃないよ!『性☆おにいさん』だよ!!!

 

お世話様です。自称ライターの川合裕之(@Katsura_Liberty )です。

聖☆おにいさん』の実写ドラマを見ました。同作は先日リリースされたばかりの動画配信サービス、ピッコマTVで(独占?)配信されるためのコンテンツ。イオンシネマ系列で2週間限定で全エピソードを一挙に上映する催しがあったので、劇場で鑑賞してきました。が、松山ケンイチの演じるイエスが地味にセクシーだということ以外言うことが無いんですよね。

今日はそんな気付きを皆さんと共有したいと思います。

  • 概要とあらすじ
  • 愛らしい大型生物との暮らし
  • ラフな格好のセクシャリティ
  • 染谷は違うのか?
  • エス・ 松山ケンイチのエロかった瞬間ランキング
    • 3位:漫画を読みながらノールックで会話する
    • 2位:クッキーを砕く
    •  1位:畳に寝転んで、観客に背面を見せるシーン
  •  おわりです
続きを読む

母性を爆発させながら勝手に震えるアイツに中指 映画『ちはやふる』で書いたことまとめ 

2018年。今年の4月も終わろうとしています。

 

あの頃みんなは口を揃えてちはやふるちはやふる……言うておりましたが、今はもう『レディ・プレイヤー1』だ『リズと青い鳥』だとそっちに首を振ってしまいましたね。そういうもんだし良いけど。波に乗るのが遅くて悔しいだけだけれど。

 

このあいだまた新しく書いた『ちはやふる』に関する記事がアップされました。想像以上に1作品で沢山かいたなと思う一方で、もうこれ以上書く機会はないだろうと息を切らしたのでここにまとめておくことにします。

f:id:ilpc-hryk:20180407210620j:plain

(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀講談社
  • 松岡茉優よろしく『結び』も「ふるえ」てる奴にゃ厳しいね!
  • ・面白かったけどさ、組織運営の方向性だけは間違ってない?
  • ・机クンこと森永悠希が最高過ぎる。あと「真剣佑」って口に出して言いたくない?
  • ・天野くん、本当に出てた?

 

続きを読む

インドネシアのクラブミュージックが知恩院に?ミッドナイト念仏は風営法に違反する?しない?

いまさらながらミッドナイト念仏に行きました。出がらしも出がらしですが、せっかくなので記事に残しておきます。


「おい映画関係ないじゃないか!」と言われそうですが、音楽エントリとしてお届けできればと思います。

 

続きを読む

映画『ちはやふる』シリーズは机クンこと森永悠希が最高なんですが、「結び」も神々しかったです。

遅ればせながら先日ようやく『ちはやふる』シリーズを3作制覇しました。

 

クぅ~~~!!

 

原作由来のストーリーの面白さ、それを映像に落とし込む演出、安易に琴とか鳴らしちゃわない音楽の音色のセンス。

シシヤマザキのアニメや3部作としてのまとまり――。

 

評価すべきポイントは山ほどありますが、そんなことより各キャラクター、各俳優陣の魅力が爆発している大変な映画です。これを原語で体感できるのは日本語話者だけ。それだけでも十分幸せですよ。何回でも見たいですね。

 

広瀬すず野村周平、真剣佑の3人は言わずもがな。上白石萌音も良かったし、矢本悠馬は原作キャラよりも愛おしい感じに。

 

京都弁の松岡茉優や滅茶苦茶に色っぽいし、國村隼もバキバキにセクシー。


須藤さん役の清水尋也は上の句・下の句よりもかっちょ良くなってるし、「結び」から参加の優希美青賀来賢人も抜群に良かった。優希美青は前半の一種のワルモンを演じながらも後半に進むにつれて憎たらしさが抜ける、という難しい役どころをこなしましたし、賀来賢人の偏差値グングン世捨て人みたいなの嫌いな人いないでしょ。

 

クレジットに天野ひろゆきが出てたけど、いやいつ出てた?!

 

でもそんなことより………

 

森永悠希が最高すぎませんか??

 

f:id:ilpc-hryk:20180407210620j:plain

https://natalie.mu/eiga/pp/chihayafuru03/page/2

 

続きを読む

『グレイテスト・ショーマン』 面白かったしもう難しいこと言うのはやめてあげようよ

グレイテスト・ショーマン』見てまいりました。

f:id:ilpc-hryk:20180301151627j:plain


旅行中に休憩がてら見たんですけれど、まさに休憩に丁度よい映画でした。主人公P.T.バーナムの信念に沿ったゴリゴリのエンターテイメントでしたね〜。最高〜。

いまから辛気臭いことを書くかもしれませんが、とりあえずブチ上がる最高の映画であることは間違いないです。最高!!


さて。

 

サーカス――つまりフリークショーの祖をとりあつかうこの映画。その内容の細かいところに少なからぬ批判も集まっているようですけれど……。「エンターテイメントだからそういういことを言うのは野暮」というのは乱暴過ぎますが、今回に限ってはもう仕方がないと思います。

というのも、僕の結論から先に申し上げます。所謂ポリコレみたいなものを要求するのはもうやめにしようよ。そういう難しいことを求めるのは諦めようよ。でもほら、歌とダンスが良かったじゃない。それでいいじゃん?

  • そもそも……
  • それでも際どい?
  • もう難しいことは求めていはいけない?
  • 逆に
  • とにかく

 

続きを読む

『ジャコメッティ 最後の肖像』 産みの苦しみを知る全ての凡人マスト

21世紀ともなれば全員、とまでは言わなくとも50%くらいの人間は何らかのクリエイティビティに身を捧げ、頭を抱え右往左往しているのではないでしょうか。

 

f:id:ilpc-hryk:20180122025536j:plain

(C)Final Portrait Commissioning Limited 2016

そんな僕らに、というか僕に、そして貴方に相応しい映画。『ジャコメッティ 最後の肖像』についてです。本記事はまあ別に見てなくても読める、読んだ後も見れる構成(謂わばオススメ記事)になっています。

 

「前情報はナシに見たいんだ!」という人はそれでも良いです。なんせ多くの人が見てくれればそれで結構です。今日はそんな回です。

  •  あらすじ
  • ストレートな部分がストレートに良い(感想) 
  • 視点についての妙(すこし批評チック)
  • とにかく
続きを読む