映画と音楽のこと。それから自分のこと。

絞りだせ、ドキュメンタリー

f:id:ilpc-hryk:20170922031549j:plain

 

ドキュメンタリー映画

あんまり、というかほとんど見たことが無いんですけど、ドキュメンタリーってどこからが記録でどこからがフィクションなんでしょうか。本当に線引きが難しいですよね。

 

作家のフィルターを通した時点でそこにはバイアスがかかってしまいますよね。

特別なものを「撮る」「見る」「記録する」ということは、それと同時にそれ以外のモノを「撮らない」「見ない」「無視する」という選択を下すということですからね。

高橋みなみ朝井リョウ ヨブンのこと 』で朝井リョウが、中高生のYouTuberコンテンツ、別に1個もおもろないけどメンバーの入れ替わりやそれぞれの成長にドラマを感じてメチャクチャ見てる、という旨の発言をしていました。ノンフクションの断片のなかからドラマを見出す。これはある種のドキュメンタリーなんじゃないのかなと。

 

彼らはドキュメンタリーを撮ろうとして撮っているわけじゃない。ドラマを残そうとしてカメラの前に立っているわけではない。にも関わらず副産物として純度の高いドキュメンタリー映像が延々とアーカイブされていく―――――。オカラかよ。

 

YouTuber、まさかドキュメンタリー作家でもあったわけです。それもまったく無自覚の自家発電。

要はアイドルのウンコめっちゃありがたがる、みたいなことですかね。そうだと思います。アイドル的には「え?嘘でしょ?ウンコやで?私の、ただの。ただのウンコやで?」と恐縮している一方でファンが「ありがて~~~、すげえ、ありがてえよ~~~」と持ちあげている。みたいな。そうだと思います。そうだと思いませんか?僕はそうだと思いますよ。思います。

 

つまり今回のブログ、まとめるとこうです。

  A:YouTuber→ドキュメンタリー

  B:おとうふ→オカラ

  C:アイドル→ウンコ

 

  A=B、A=C

  よってB=C。

  アイドルはトイレでオカラを出す。なお食える。

 

Q.E.D

 

こんなやる気のない文字の羅列も、これひょっとしたらドキュメンタリー資料になってるかもしれませんからね。400年後くらいに歴史的価値が発生するかもしれませんからね。明日のことは誰もわかりません。読み捨てずに保存しておいてくださいね。よろしくお願いします。

 

そんなわけでドキュメンタリーのイベントあります。

 

kyoto-antenna.com

 

僕の参加するWebメディア「アンテナ」主催の映画イベント、秘密映画倶楽部です。ぜひぜひお越しください。よろしくね。

 

 

 

著者近影

 

 

 

『ベイビー・ドライバー』 エドガー・ライトのギリギリの正座でしたね

見てきました。良かったですね~、ほんとに。

f:id:ilpc-hryk:20170901012036j:plain

 

「映像と音楽が合ってて―――」みたいなフレーズをネットでよく目にしますが、合ってるに決まってるやろが!エドガー・ライトやぞ!合うよ!そらそうやろ!といった感じです。

 

ラーメンの食レポで「麺とスープが絡んでて美味しい!」みたいなコメントに似てますね。絡んでるよ、そりゃあ。ラーメンなんだから

 

僕が今回気になったのは「じゃあ逆にエドガー・ライトの映画にいっこく堂とか出したらどうなるんでしょう?」ってことですよ。

 

f:id:ilpc-hryk:20170901012502j:plain

 

声が遅れて聞こえてきてもなおスピーディで爽快なMV的な編集を見せてくれるんですかね?見てみたい。猛烈に見たい。いっこく堂vs. エドガー・ライト。絶対に人形が車でメチャメチャにはねられる気がします。同じ人形を15秒のうちに4回轢くんじゃないかな。いっこく堂の本体も確実に轢かれますね。

 

 

話を戻してBaby Driverへ。

 

 

<映画オタクの、映画オタクによる、映画オタクのための映画>というようなディープな作風が特徴でしたが、今回はベイビーの成長やロマンスを綺麗に織り交ぜた内容。今までよりもかなり親近感のあるストーリーに仕上がっていました。

 

アル中のオッサンがなんぼほどビール飲もうが、観客の僕らにはあんまり関係ないですからね。それに比べて『ベイビー・ドライバー』では「Babyくんはどうなるの?助かるの?この恋、成功する?生きる?死んじゃうの?」みたいな興味を抱かずにはいられません。

 

「ここで急に人死んだらおもろない?!」みたいなエドガー・ライト特有の謎の癖(へき)が完全に封じ込められたわけではありませんでしたが、極力ギリギリまで我慢して多くの観客を意識しているのがわかります。

 

劇中のテレビに映った『モンスターズ・インク』や『ファイト・クラブ』の引用の意味・監督の真意や、『ザ・コンサルタント』に似たパターンでBabyは発達障害なの?という疑問はまたどこかで機会があればほじくってみたいですね。

 

いや、嘘。嘘嘘嘘。やっぱりほじくりません。ほじくりたくないです。嘘です。

そんな面倒なことを考える時間があればもう1回ボケ~っと鑑賞したいので。誰か僕の代わりに考察して分かり易く僕に教えてください。お願いします。(『モンスターズ・インク』は誘拐・逃避行の伏線と取れないこともないけど………)

 

以下、ほんの少しのネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

 

サングラス、MOMのテープ、PTSDと耳鳴り、音楽=逃避―――。キャラクターの作り込みとお話の作り込みが直結していて物凄く見やすかったのですが、<ヒロイン≒オカン>なのか、<ヒロインはヒロイン、オカンはオカン>なのかはイマイチはっきりしませんでした。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の時みたく<ヒロイン≒オカン>みたいなのがしたかったのかなという気もしますが、GotGほど綺麗な対象関係を保っていたとは言い切れません。

 

oriver.style

なんやかんや書きましたが、おもろかったですよ。滅茶苦茶良かったです。要するに最高。


音楽と映像が合っていて非常に気持ちよかったです。うん。結局はそういうことです。この秋はMA-1型のスウェットと純正イヤホンとスタバ(4杯)で決まりです。

 

おしまい

『スパイダーマン ホームカミング』 を見ました。メイおばさん、ほぼYouTuberでしたね。

眼鏡がいつも汚れています。どうも、僕です。

 

見てきましたよ、『スパイダーマン ホームカミング』。

 

いやあ良かったですね。良かった~。
自称映画ライターなのですが、もっぱらWebでは散歩の露出が目立つので、ブログにくらいはせめて映画のことをボチボチ書こうと思います。

 

f:id:ilpc-hryk:20170822023042j:plain

 

注目すべきはピーター・パーカーが<スパイダーマン>になるまでの過程を100%ざっくりカットするという大胆っぷり。これは驚きましたね。ヒーローもの単発の1作めなのに0から1への辛気臭さが全然ない。

 

「みんな、スパイダーマン知ってるよね?」「何かしらで見たことあるよね?お馴染みのやつ」「糸が出る。それから壁を登れる。知ってるね?知ってるよね?」「だからもう良いよね?先進むよ?」と言わんばかりのプロット。「ここは一番上のクラスなので関係代名詞の説明はもういいよね?」みたいな。有名ヒーローのみに与えられた特権的シード。スティーブジョブズとかが言ってたような"既存の枠をぶっつぶす"的発想はこういうことを言うんですね。

 

続きを読む

私の菅田将暉、すれ違いの日々――

夏ですね。そういえばまだ一口もスイカ食べてないです。僕です。

 

一応社会的身分は大学生なので夏休みなのですが、特に何をするでもなく。

この夏休み、もはや無職のインターンシップと言っても過言ではないです。それくらい遊んでないです。家に居て、家に居て、家に居て、忘れたころに仕事する―――そんな感じです。

もともとキャンプとかバーベキューって柄でもないので。

 

続きを読む

ロックバンドの人ら、たいがい頭おかしい説 vol.4

いやあ、7月も終わりますね。7月だけは裏切らないと思っていたのに。夢は時間を裏切らないし、時間は夢を裏切らないけど7月は僕を裏切りましたね。残念です。

 

久々にバンドマン頭おかしいシリーズ、もといThe Bittersふざけんのも大概にせえよシリーズです。

f:id:ilpc-hryk:20170504134450j:plain

続きを読む

一眼48日め、完璧に落ち着く。結婚生活の果て。

夏休みにはいりました。

昼夜逆転、自己嫌悪、過剰喫煙、運動不足。この辺りが僕の夏の季語です。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

一眼レフ48日め、ということで前回の「24日め~」からカメラ関連記事がご無沙汰なのですが……

 

続きを読む

そして僕は藤井聡太の母になる

ご無沙汰です、もう夏なのでコンタクトにしたいのですが眼科に行く金がありません。僕です。早速本題ですが、菅田将暉に次ぐ新たな最高を発見してしまいましたよ。

komestroke.hatenablog.jp

みんな、藤井 聡太って知ってる?!

f:id:ilpc-hryk:20170716013904j:plain

続きを読む