映画のウェブログ 「け」

23歳無職、自称映画ライター。本当に無職。

「おれミュージカル苦手なんだよね」そいつにゃ徳井ダンスでチョップをカマせ。ララランドが楽しみです

www.youtube.com

 

『ララランド』がテレビでやるらしいですね。金曜ロードショー。今週2月8日です。チェケラ。

 

「おれミュージカル苦手なんだよね」

 

あいつはそう言ったんです。「なんか醒めちゃうというかさ」「だって普通踊らないじゃないですか普通」「あ、サスペンスとかは見るっすよ」

続きを読む

ネット=都会? 女性に限らず機会均等! 『シュガー・ラッシュ:オンライン』は全員の背中を押してくれた。

www.youtube.com

 

男の子のプリキュアが誕生したことが大きく話題になりました。

 

エンタメは社会を映す鏡。性別は当人のパーソナリティを制限したりキャリアの選択肢を阻むものではない、というような新たな価値観はエンターテイメントにも色濃く反映され続けてきています。3年前の『マッド・マックス Fury Road』(2015)、翌年には『ドリーム』(2016)が。昨年なら『ワンダーウーマン』(2017)、そして今年なら『オーシャンズ8』とかですかね。どれも媚態なく女性の活躍を描いた作品ですね。(配給・宣伝はややアファーマティブな姿勢ではあるものの)

 

 

www.youtube.com


こうした流れ自体、海外の実写映画・ドラマにおいては今やとりわけ珍しいものではないですよね。その一方で日本国内の2Dアニメーションは一歩後れをとってきていました。そんな日本のシーンに一石を投じることになるであろう作品の公開が控えています。12月21日(金)に封切りされる『シュガー・ラッシュ:オンライン』(原題:Ralph Breaks the Internet )。現代のエンターテイメントにおけるジェンダーを議論するうえで、きっと大きな存在感を放ち語り継がれるべき作品でしょう。

 

シュガー・ラッシュ:オンライン』は……

  • インターネットを通して
  • 地方格差を解消し
  • 女性の機会不平等を正し
  • のみならず全ての人間に可能性を与える

 

そんな映画でした。今日はこの結論に向かって書いていきたいと思います。

 

え?なに?
プリキュアもう「古い」んですか?!
インターネットは忙しいね。

 

最近の国内の話題に触れ直すなら、順天堂大学からローラ・青山の話にまで貫通する記事だと信じています。

 

 

  • 1.これは明らかにヴァネロペの物語
    • ■ディズニージャパン、頼むよホントに
  • 2. 「ディズニープリンセス」の逞しさが何よりものメッセージ
  • 3. インターネットで選択肢が広がった
    • ■ヴァネロペは「戻らない」
  • 4. 地方格差の解消:照らすのは女性だけでなく
    • ■デメリットも? 相対的なら優劣は付く!
  • 5. さて、日本はどう?
    • ■いまの日本ってどう?
  • 6. とにかく

 

続きを読む

実写ドラマ『聖☆おにいさん』:松山ケンイチがエロ過ぎる!!けしからん!!という感想

松山ケンイチがエロ過ぎる!!いいの?いいの?これ本当に。地上波テレビじゃないにしてもさ、コードとかないわけ?

これはもう『聖☆おにいさん』なんてもんじゃないよ!『性☆おにいさん』だよ!!!

 

お世話様です。自称ライターの川合裕之(@Katsura_Liberty )です。

聖☆おにいさん』の実写ドラマを見ました。同作は先日リリースされたばかりの動画配信サービス、ピッコマTVで(独占?)配信されるためのコンテンツ。イオンシネマ系列で2週間限定で全エピソードを一挙に上映する催しがあったので、劇場で鑑賞してきました。が、松山ケンイチの演じるイエスが地味にセクシーだということ以外言うことが無いんですよね。

今日はそんな気付きを皆さんと共有したいと思います。

  • 概要とあらすじ
  • 愛らしい大型生物との暮らし
  • ラフな格好のセクシャリティ
  • 染谷は違うのか?
  • エス・ 松山ケンイチのエロかった瞬間ランキング
    • 3位:漫画を読みながらノールックで会話する
    • 2位:クッキーを砕く
    •  1位:畳に寝転んで、観客に背面を見せるシーン
  •  おわりです
続きを読む

9月まで(5月以降)作ったものまとめ(2018)

どうも。自称ライターの川合裕之(@Katsura_Liberty)です。

 

いや~。すっかり忘れてたね、ブログ。

ブログは継続して更新することが大事。みなさんご存知でしたか?

 

そんな僕はというとですね

komestroke.hatenablog.jp

 

こんな記事を更新したのを最後に5か月も放置してしまったんですね。

5か月。赤ちゃんなら寝返りとか覚えるらしいです。(ちゃんと調べました)

 

この記事では近況報告がてら、川合裕之こと僕の仕事をまとめいきます。あ、このブログは雑記から「映画ブログ」に舵を取ったので主に映画の仕事をキュレーションしていきます。

 

よろしくどうぞ。僕のことにさして興味がない人は残念ながらここでお別れです。

 

赤ちゃんは生後5か月くらいで寝がえりを打つ、という情報だけをお土産に差し上げます。折角なのでもうちょっと補足すると寝返りを打つことに伴いましてうつ伏せ寝に注意してください。以上です。

 

それでは近況報告です。

 

 

続きを読む

4月に作ったものまとめ(2018)

どうも。自称ライターのかわい(@Katsura_Liberty)です。

 

f:id:ilpc-hryk:20180504061524j:image

 

もう5月ですね~。ボーナス一括払いで買ったカメラの支払いが迫る!(無職なのでボーナスなど当然ない)

がんばれ、川合!!

 

そんな僕の先月公開されたた記事です(少ない!カメラ払える?!)

 

 

  • 散歩の記事
  • 映画の記事
  • 編集もしました!
  • おまけ
  • そして5月へ……

 

続きを読む

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』考察 なぜハルクは「失敗」したのか?

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、しっかり見てきました。MCU、どうなっちゃうんでしょうね?

 

f:id:ilpc-hryk:20180503153042j:plain

(C)Marvel Studios 2018



 

ストーリーそのものからの考察、製作スタッフや発表されている次回作などの外側からの展開予測など、さまざまな言語でさまざまな二次ソースが飛び交っています。

 

そのあたりは他所の皆さんにお任せして、ここではハルクのあのシーンについて考えてみたいと思います。

 

待望のMCU作品。どのようなネタバレをも避けたいというそこのあなたは、残念ながらここまでです。また後日お会いしましょう。それでは参ります。

 

***

 

**

 

続きを読む

『レディ・プレイヤー1』考察 IOIって悪者? ノーラン・ソレントは悪役だけど、きっと良い上司?

こんにちは。『レディ・プレイヤー1』、見てきました。

 

おんもしれ~~~!!

 

f:id:ilpc-hryk:20180430013506j:plain

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

映画ファンの話題の切り口は大きく分けて主に以下の4つだと思います。

 

①様々な引用やサンプリングの面白さについて

スピルバーグのこれまでのポップカルチャーへの感謝と、彼がつなぐこれからの文化へのバトンについて

③新しいテクノロジーの可能性について

④非現実を享受できるメディアと如何に向き合うか?というメッセージ性について

 

このあたりは他の皆皆様にお任せするとして、この記事ではまた別の視点でこの映画を語ろうと思います。

ここでは「IOIって本当に悪者なの??」「ノーラン・ソレントってもしかして最高のリーダーなんじゃ?」という切り口で解釈していきましょう。鑑賞済みを前提に書いているのでネタバレにはご注意ください。

 

  • たしかに悪そう!!
  • ちょっと待って!組織で挑むのは反則じゃないよね?
  • 実際にノーランって何もしてない。でもそれがスゴイ!!
  • 雇え!

 

ひとつよしなに。

 

続きを読む